• 園の特色ふれあい
  • 園の特色自然

大谷さくら幼稚園の特色

 敷地面積8,000坪の真宗大谷派旭川別院の敷地内にあり、たくさんの木々や草花に囲まれ四季の変わりゆく中、春はふきのとう、夏にはタンポポや花々、秋には落ち葉やどんぐり、冬には雪あそびなど、自然を教材に、園庭で遊び、四季を五感で感じます。
  • 平成31年3月に新しくなった園舎は、大きな梁の遊戯室、裏庭のウッドデッキなど、木のぬくもりを感じられる木造の平家園舎になりました。

  • 遊戯室

  • 全職員が一人ひとりの子どもに関わり、ともに育つ保育を実施しています。

     
  • 豊かな木々の生い茂った園舎裏の「大谷の杜」で1年を通じて自然との関わりを深める活動を行っていきます。雨の日もカッパと長ぐつで雨の不思議を感じながら遊びます。
  • 秋の紅葉は子供達の格好の遊び道具

  • 園庭の畑で野菜を栽培し、収穫していただきます。クッキングを通し、自分で作って食べる喜び、美味しさを実感します。
    命あるものをいただく事に感謝の気持ちを持ちます。

     
  • りっぱな枝豆が採れました。

  • 週一回体操専門の講師をお招きし、運動遊びを指導していただいています。マット運動、鉄棒、ボールなどで身体を動かす楽しさを感じています。
     
  • 体操教室は子供達に大人気。今日はマット運動、「ん〜しょっ」

  • 絵本が好きになってほしい、絵本を通して親と子が結びついてほしい、読み聞かせの大切さや楽しさを味わってほしいという願いを込めて、週一回絵本の貸し出しを行なっています。
  • 絵本の中に何を見つけたのかな〜。楽しそうですね。